恋愛ゴシップ|2chまとめ

恋愛・結婚・生活についてのまとめサイトです。

 アンテナサイトヘッドライン 

神経がわからん


91: gossip name 2015/09/16(水) 21:18:06.17 ID:Xc7jVFOk
高校生の時、同じクラスの女の子に告白された。 
可愛らしい子だったけど、よく知らない子だったから、友達からって感じで交流スタート 
話して見たらいい子っぽかったんで、そのまま付き合った。 

けど付き合いが長くなるにつれ、「変な子」って事が判明 
まず自分の事を名前呼び(個人的にあんま好きじゃない) 
なんか突然「プミィ~?」とか「くぴぃ~」とか突然言い出したり 
歩くとき「ふにふにふにふに」って言ってたり 



この記事の続きを読む >



492: gossip name 2016/04/21(木) 02:11:48.49 ID:Yosf5grW
友人に「彼氏に○○(私)の写真見せたことあるよ。○○こんな可愛いのに 
○○の彼氏はブスだよねーって説明して見せたんだー」と言われた。 
その後もブスだよね、とか子供は無理だよね、とか色々(なぜか私の容姿ageもセットで) 
言われて別にかっこいいとか思われなくていいけどわざわざ言われて気分悪い。 
最近その友人に「最近一番仲良いの○○かなー」と言われ、そんな風に思ってる人に 
あんなこと言っちゃうんだ…と思って神経分からないのでなんとなく距離を置いた。



この記事の続きを読む >



433: gossip name 2016/04/20(水) 10:47:55.42 ID:TRnk7+Ig
自分は庶務で、代表電話番号に掛かってきた電話の取り次ぎ業務も兼任している 

外線が着信し 
「山田(仮名・社員の名前)の母です」とのことなので、山田さんの内線に取り次いだ 
山田さんの母からは何回か電話が掛かっていた 

ある日、新入社員の歓迎会を兼ねた飲み会があり 
その山田さんが「あの人からの電話、母とか家族と言って電話を取り継ぐのやめてくれない?」と言われた 
私も同僚もポカーン 
「あのお電話の方は、お母様ではないのですか?」 
「いや母親だけどさぁ」 
「では、次からどのようにお呼びします?」と聞いたら 
「はぁ?そんなのそっちで考えてよ」と大きな溜息をついて不機嫌丸出しになった 

後日、また山田さんの母から電話があったので 
「山田様からお電話です」と取り次いだら 
「あーもー、アンタいい加減にしな!」と怒鳴られた 

いい加減にして欲しいのはこっちだよ 
その母親から電話が来て取り継ぐたびに不機嫌撒き散らされてビックビクだよ… 
私用なら携帯にでもかけてもらってよ



この記事の続きを読む >




127: gossip name 2016/04/16(土) 01:57:26.18 ID:VjW4FXkA 
フェイク入れてあります。 
私 20代後半専業、既婚(同い年) 
友人 30代後半専業、SNS繋がりでの知り合い、既婚 

先日体調が悪く寝ていたら、メールが来た。携帯を見ると午前3時、友人から。緊急かな、と思ったが内容は 
「LINE送ったよー」の一言。 

私はLINEの「すぐ見なきゃいけない、返事しなきゃいけない」風潮が好きではない(皆が皆そうではないですが…)ので、無理矢理ガラケーのままにしている。 
ただ上記とは別の友人とやり取りすることがある為、タブレットにインストールはしてある。 
メールで起きてしまった為、タブレットを起動してLINEを見ると友人から…



この記事の続きを読む >




61: gossip name 2016/04/13(水) 19:52:33.62 ID:+MU9r1kI
長年付き合ってる彼女。 
俺は女のヒステリーとか金切り声がすごい苦手で生理前になると彼女もギャーギャー喚き、それが辛かったので生理をある程度予測して何となくその辺りは会うのを避けてた。 
会えなくとも電話で「何で会えないの!!キィイィイイィイィイイイ!!!」みたいな事になるけど目の前に居るよりはマシだったのでそれは耐えてた。 
で昨日、課題があるとか適当こいて家でうだうだしてたら生理前彼女がやってきた。 
「なによ!!暇そうじゃない!!」「ちょっとは片付けなさいよ!!!」「こんなもの捨てるわよ!!!」「なによ!!いらないでしょ!!」「キィイィイイィイィイイイ!!!」「もういいわよ!!!帰る!!!」 
散々暴れて帰っていってもうホント嫌すぎて数年ぶりに泣いた。 
ホルモンバランスの関係でこれは女性にとってどうしようもない事は分かってるんだけど金切り声で感情ぶつけられるのは本当に恐怖覚えるし辛い。 
こんな僕の神経っておかしいですかね



この記事の続きを読む >


 人気急上昇中の記事 

    このページのトップヘ