恋愛ゴシップ|2chまとめ

恋愛・結婚・生活についてのまとめサイトです。

 アンテナサイトヘッドライン 

恐怖

157: 名無しさん@おーぷん 2016/03/24(木)09:56:13 ID:omj
2年くらい前の旅行中の時のこと。
当時学生で自分はフラッと一人で1泊旅行とかすることとかそれなりにあった。
写真が趣味だったからいろんなとこに車レンタルしていったりするのが好きだったんだ。
旅行代はもちろんバイトで働いたお金で。
だがしかし、学生だから毎回ホテルに泊まるのは無理。
だからネカフェでいいやと思ってたんだ。




この記事の続きを読む >



3: 1/3 2016/03/07(月)19:07:38 ID:Fu4
うちの義兄嫁は子供が本当に好きで欲しがっていたのに、病気で子宮を取ってしまったので
自分の子供を持つことができない
義兄はそれを承知で結婚して、私たちとも普通に親戚付き合いをしていたんだけど
そのうち私に子供が生まれたら、どうしてあんたみたいな女に子供ができるんだ!と襲われた
私が12針、夫が4針縫う怪我をして、危うく子供も怪我をするところだったので、それ以来絶縁
義兄は平謝りで、ここで義兄嫁を見捨てることはできないからと、義兄嫁を連れて遠方に
転勤していって、義実家とも連絡を絶っていた




この記事の続きを読む >


456: 名無しさん@おーぷん 2014/11/29(土)12:01:06 ID:agx
私の修羅場?スレチだったらごめん
あと文才ないごめん

私が帰宅中使う道ってあんまり人通りなくて冬になるとものすごく暗い。
親にもやめろって言われてたんだけど近道としてつかってた。
んで、その路地で、明らかに女の人が襲われてるって場面に出くわした。
うわぁとか思いながら、でも見捨てるのは嫌なので、ちょうど近くに落ちてた鉄パイプみたいのでその多いかぶさっている男の頭を思いっきり殴りつけた。
男はコントみたいにふっとんでいった。
その間に女の人に駆け寄って「大丈夫ですか?」って声かけたんだけど、すごい震えていた。
着てる服もボロボロみたいだし、寒いだろうから私のブレザーをその女の人にかけてあげてたら、男が起き上がってきた。
手にナイフを持っていた。
私に切りかかってきたので
、顔面に思いっきりパンチした。
その時に男のナニが見えたので、うずくまっている間に電気アンマの体制にしてナニを踏み続けた。
男は最初すごい悲鳴をあげてたのが、だんだん小さくなっていって最後は失神してた。
女の人はその光景をぽかーんと見ていた。
そのあと一応病院に一緒に行った。
女の人は幸い入れられたわけではなかったみたいで擦り傷だけですんだ。

ちなみに男はその路地で放置して警察に連絡しておいた。
過剰防衛で怒られるの嫌だったから、早足に女の人と逃げた。

こんなことがあったのと親にそのあと報告したら、言わんこっちゃないとめちゃくちゃ怒られて以来その道はつかわなくなった。

その女の人が今度結婚するっていうんで厄落としカキコ

読みにくかったらごめんなさい




この記事の続きを読む >


178: 名無しさん@おーぷん 2014/12/26(金)01:49:05 ID:Ous

電車とホームの間に下半身全体が落ちた時に、近くにいた人らがすごい手際よく引き上げてくれたことが今でも忘れられない。

当時中学1年生で電車通学を始めたばかりの頃。
満員電車から降りるときに人に押されて、ウエストが電車とホームの隙間に挟まる状態で宙ぶらりんになってしまった。
目線が通勤ラッシュの人の足しか見えないくらいの高さになるほど。
見事に落ちかけてしまって、通行の邪魔になってる、とか、(このまま電車が発車してねじれて)氏ぬかもしれない、と思いつつ抜け出そうとしたその時、近くにいたサラリーマン達が両ワキに手を入れて「せーのっ!!」と引き上げてくれた。



この記事の続きを読む >


681: 名無しさん@おーぷん 2015/07/12(日)18:33:52 ID:1JP
以前タクシーで帰宅中、信号が青になったのに私が乗っていたタクシーの前に止まっていた車が発進しなくて
運転手さんが短く「プゥ!」とクラクションを鳴らした。
そしたら前の車の運転席から般若のような顔した若い男が飛び出してきて
「てめえ何鳴らしてんだよ!出てこいオラァ!」とか怒鳴って運転席の窓をドンドン叩いた。
運転手さんはゴマ塩頭の初老の男性だったが、特に動じることもなくジッとやり過ごしていて
私は後部座席でがっつり固まっていた。
動じない運転手にムカついたのか、それからもしばらくドンドン叩いて何か叫んでたけど
しばらくして車に戻り、赤信号を無視して走り去った。
「怖かったですね・・・」と声を掛けたら「まぁ、こういう商売してるとたまにあるんですよw」と慣れた感じ。



この記事の続きを読む >


 人気急上昇中の記事 

    このページのトップヘ