恋愛ゴシップ|2chまとめ

恋愛・結婚・生活についてのまとめサイトです。

 アンテナサイトヘッドライン 

修羅場

866: おさかなくわえた名無しさん 2016/07/15(金) 17:02:35.86 ID:Gw+IsETC
真夏にエアコン故障して、室外機直した時の話。
蒸し暑いなか、室外機の基板にヤモリが入り込んでショートしていたので部品交換。とりあえず直ったっぽいので筐体を剥がしたまま(ファンとか圧縮機が丸見えの状態)試運転。
結果は、成功で涼しい風が出るようになった。
後は、室外機の外板取り付けと片付けだけだったが、暑かったので日が暮れてからやる予定にした。



この記事の続きを読む >



113: 名無しさん@おーぷん 2015/05/22(金)11:47:26 ID:lKC
毒親から逃げるまでが修羅場だった。
でも毒親だなんてずーっと思ってなかった。むしろウチの親はよそよりいい親だと思ってた。
苦労して俺を育ててくれてるんだ、頑張ってくれてんだと思ってた。なんでかというと親が毎日
夕飯食いながら「おまえのためにこんなつらい仕事をやってんだ」「おまえを学校に行かすためだ」
「おまえが今食ってるメシを稼ぐために、こーんないやなつらい仕事をやってんだ」
って言い聞かされてきたから、何の疑いもなくそれを信じてた。



この記事の続きを読む >


42: 名無しさん@おーぷん 2015/05/17(日)11:51:36 ID:tDy
義弟(夫の弟)嫁に、義弟と浮気してるだろう!と怒鳴り込まれたことがある。
もちろん事実無根。
私は夜勤のある仕事で、義弟が外泊したという日のタイムカードを提出したり
結局アリバイが確認されて疑いは晴れたんだけど、とにかく大変だった。
義弟嫁は泣きわめいて話にならないし、義弟はオロオロするだけで止めないし
夫が信じてくれたのだけが救いだった。



この記事の続きを読む >



4: 名無しさん@おーぷん 2015/05/15(金)02:56:35 ID:GPI
私が子供産めなくなったまでの最大の修羅場

昔から私の母は私のことを国語の教科書に出てくる品行方正な委員長みたいな扱いをしてた
髪の毛は伸ばしておさげ、服装はブラウスにスカートに白い靴下、コートも無地の落ち着いたもの
筆記用具は実用性のあるものでキャラクターものはなし
皆がバトル鉛筆にはまっている中私はトンボ鉛筆
女の子たちはカラーペンのコレクションをやりだしたけど、私が与えられたのは蛍光マーカーと赤ボールペン




この記事の続きを読む >


455: 名無しさん@HOME 2013/04/09(火) 01:31:39.41 0
現在進行形の脳内修羅場 

家の鍵を紛失した為、同居人が私の鍵を持 ってさっき仕事に行った。 
私の家鍵はキーケースに入ったおり、他に今月から働き始めた職場のロッカーの鍵が着いてる。 
正直、家鍵より一番大事な鍵。 渡された時に、「なくされたら防犯上、100以上あるロッカーの鍵全取っ替えになる」と、言われている。それ以前に信用問題ってのもある。 

同居人が鍵をなくしたのは2回目で、その他にも家の中で見当たらなくするのも数えきれない程ある。 
そんな人に自分の鍵なんて絶対貸したくなかったが、「(出勤の)時間ないから!」と、言って断る間もなくキーケースごと鞄から持ち去って行った 

現在、胃が吐きそうな位気持ち悪い…お願いだから早く帰ってきて欲しい。




この記事の続きを読む >


168: 名無しさん@HOME 2013/04/22(月) 00:04:11.76 0
良トメが腰を悪くしてしまったので、亡くなった大トメの親戚の葬式に、代わりに出てくれないかと頼まれました。 
なんでも、若い頃にウトが亡くなり、苦労していた時にお世話になったのだとか・・・・・。 
確かに腰を悪くしているのに、新幹線に二時間程乗るのは大変だろうと思い、私は快諾。 
そして仕事の都合で行けない旦那の代わりに、当時大学生のコウトと共に参列する事になりました。 
(香典と共に帰りに美味しいもの食べておいでと、お小遣いまで貰っちゃいました) 

その親戚にお家に行ってみると、凄く大きな平屋建で、沢山の人が集まっていました。 
トメの代理で・・・・と挨拶すると、ご遺族の方が凄く喜んでくれ、おまけに若い人が私達くらいだったため、 
色々可愛がってもらえました。 

そうして、お葬式が始まりました。 
棺桶を前に、お坊さんが念仏(?)お経(?)を唱え、その間に静かにお焼香も進み、滞りなく式は執り行われていました。 
念仏も終わり、私が足を痺れさす前に終わってくれて良かったと胸を撫で下ろした瞬間、お坊さんはおもむろに側にあった枝を手にしました。



この記事の続きを読む >


 人気急上昇中の記事 

    このページのトップヘ