817: おさかなくわえた名無しさん 2013/05/31(金) 21:08:16.97 ID:3hOOOgJo
今までにあった最大の修羅場。 

独身の頃、デパートの売り場で働いていた。 
ある日、40前後の女性に売り場で声を掛けられ 
「○○(私の旧姓)さん?」って聞かれたので 
「はい、そうでござい・・・?」ますが、まで言い終わらないうちに 
いきなり思いっきり平手打ちされた。 
何が起こったのか分からなかった。 
その女性、続けて「この泥棒猫っ!」と言いながら 
私の髪の毛を鷲掴みにして振り回してきた。 
回りにいたお客さんも呆気にとられて固まってた。 

続く
ちょっと離れた所にフロアマネージャーがいて、 
気が付いたようでこっちに小走りに走ってくるのが見えた。 
でもその女は容赦なく、お客さんたちに向かって 
「この女ーーーー人の夫を盗んだ泥棒ですよーーーーー」と。 
「ふ・り・ん!不倫女ですよーーーー」と。 
私は髪を掴まれたまま振り回されて、なんの抵抗もできなかった。 
やっと手を離されて、フロアにへたり込んで息を整えていたら 
頭が冷たくなってじゅわああああ・・・と変な音が聞こえてきた。 
いつの間にか缶ビールを手にしていて 
頭からビールをドボドボ掛けられていた。 

が、最大の修羅場は、それが人違いだったこと。 
私の旧姓はありふれた名字で、同じフロアにも同じ苗字の女性がいた。 
そしてその女の旦那の不倫相手はその女性だったんだ。 
その女の旦那は、デパートに出入りしている設備業者で 
50歳前半のむさくるしいおっさん。 
あだ名をボイラーと呼ばれている男だった。 
元々奥手で、当時は不倫どころか純粋だった20代の私、 
何か悲しゅうてボイラーの不倫相手に間違われなきゃいかんのか。 
そしてしばかれて髪掴まれて振り回されてビールかけられなきゃいかんのか。 
(続くでござる)

818: おさかなくわえた名無しさん 2013/05/31(金) 21:09:23.03 ID:3hOOOgJo
女と一緒に私もバックヤードに連れていかれ 
やいのやいのやってるうちに人違いと分かったとき 
女は放心状態という武器を使いやがった。 
私の方は号泣。 
トイレで髪を洗って着替えて早退した。 

その後一週間ショックで休んだ。 
私の名誉をどうやって回復させればいいのか分からなかったし。 
結局ボイラー夫妻が謝罪に来て、慰謝料だって言って30万置いていった。 
それが高いのか安いのか相場が分からないので何とも。 
でもお金より、お客さんの前であんなことされたのが許せなくて 
最初は受け取らなかったんだけど、 
会社側からそれで示談しろとか言われて仕方なく手を打った。 
ボイラーは離婚して、どっかに異動した。 
不倫相手は退職した。 
私も巻き込まれただけなのに、なんとなく居づらくなって転職した。 

これが私の20年前の人生最大の修羅場。